読むには読んだが

第159回芥川賞を受賞したということで、

読書会グループからまわってきた

高橋弘希さんの『送り火』を読んだのですが

もうもう、ずどーーーんと。


絶対自分では選んで読まないな…。


ネタバレになるのであらずじは書きませんが、

段々エスカレートしていく暴力に息苦しくなる感じ、

何もしていないのに何故、という最後の主人公の理不尽な気持ち、

読後のイヤ~な感じを引きずります・・・。

情景描写は素晴らしいのに、アンバランスだなぁと。


思っていたら、新聞にご本人の受賞エッセイ載ってました。


2018.7.29 愛媛新聞より


ご本人もちゃんと分かっていて、

「終盤はちょっとアレな展開になり、アレが、アレなことになり、

アレになってしまうので (中略) ひんしゅくを買うのではないかと

非常に心配であったりもする・・・」

と書かれている。


つまり、このアンバランスな不穏感、モヤモヤ感、すべて計算済みなんだな・・・。

すごいとは思うけど、でも暴力描写は嫌いだーー!


コトエホン

子どもと絵本で遊ぶ 子どもの絵本を考える 子どもと絵本を結ぶ そんな時間を皆さんと 過ごせたらいいな♪ ショップにて細々と販売もおこなっています。 ぜひ見に来てください♪

0コメント

  • 1000 / 1000