忙しくも楽しい

1週間でした。

月曜日は絵本セラピーに出かけ~

火曜日はお仕事頑張る~

水曜日はeちゃんの絵本セラピーin新居浜開催~

木曜日は6年生卒業記念おはなし会~

金曜日は大人の絵本かふぇ~

土曜日はYA読書会~

テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ~

テュリャテュリャテュリャテュリャリャ~ ♪


と、こんな感じで仕事もせず(夫ゴメン💦)絵本にどっぷりだった1週間。


eちゃんが片道1時間半ほどかかる当地まで来て、絵本セラピーをしてくれました。

テーマは、『すき』。

自分の好きなもの、人に評価されなくても好きでいい、好きを貫けば良いことが待っている、好きになったものが自分の居場所・・・。


いろんな好きについて考える時間になりました。


『すき』というテーマで選ぶ絵本は、私とeちゃんでも全く違うし、他の絵本セラピストさんでも違うだろうし、それこそ参加者も心に響くポイントがみんな違うから、その違いに気づくというのが絵本セラピーの面白いところ。視野がぐーーーんと広がります。


私がやってる大人の絵本かふぇは、「こども」をテーマに選んだ3冊をご紹介。



『なつみはなんにでもなれる』 PHP研究所

 ヨシタケシンスケ 作   2016年

で、みなさんの頭の中を子どもにして~

『こどもってね・・・』  きじとら出版 2017年刊

 ベアトリーチェ・アレマーニャ作 みやがわえりこ訳

で、こどもの気持ちに寄り添って~

『もとこども』 ポプラ社  2016年刊

 富安陽子 さく いとうひろし 絵

で、自分たちにも子どもの心が残ってるんだ~、と。


上手くいきましたでしょうか?(笑)


参加してくれたeちゃんとkちゃんが持ってきてくれた

『きっときっとまもってあげる』 

『こころのおと』心にしみるいい絵本でした。

絵本を聞きに来る方たちは、みんな好奇心旺盛。

それは、若々しくいる秘訣でもあると思いますw


さてさて、長くなってますが、小学校での6年生卒業記念読み聞かせについても少し。


今年は校長先生(昔は中学の国語の先生)が読み聞かせ活動に参加してくれてたこともあり、6年生にもお願いしました。

中島敦の『名人伝』を自作の紙芝居で!

ちゃんとパソコンで絵を描いてますよ~。すごい!

話にも引き込まれちゃいました。

そして私が卒業時に必ず『贈る』絵本。

『おおきな木』 篠崎書林 1976年刊

 シェル・シルヴァスタイン作 ほんだきんいちろう訳

毎年読んでるのに、胸がいっぱいになって泣きそうになります。

あなたは木ですか?少年ですか?

あなたにとって木は誰ですか?少年は誰ですか?

といつも問いかけられているようで。

残念ながら本田さんの訳書は絶版に。

村上春樹さんの訳で新装版が出ていますが、

私はあくまで本田さんの訳にこだわりますw

コトエホン

子どもと絵本で遊ぶ 子どもの絵本を考える 子どもと絵本を結ぶ そんな時間を皆さんと 過ごせたらいいな♪

0コメント

  • 1000 / 1000