読みたい本を

現在、絶賛保育実習中の長女。

事前に「大変だぞ~、嫌になるぞ~」と教授や先輩からさんざん脅かされ、行く前に非常にナーバスになっていた彼女でしたが、親から見ても保育士が天職の彼女。

思ったより疲れないし楽しい!!とご満悦の様子です。

しかし、今までは未満児さん。

今日からは年少さんに入るので、さあ、どうかな~w

もみくちゃにされそうな予感(笑)


で、1~2歳さんのクラスで読み聞かせをして、といわれた長女。

『つみき』金の星社 中川ひろたか・ぶん 平田利之・絵

この本をオススメしたら、すごく可愛い!と気に入った様子。


でも、積み木を「ひと~つ、ふた~つ」と数えるのが、数を知らない小さい子どもには無理なんじゃないか…と思ったようです。それでも読みたいなと思い、他の何冊かの絵本と一緒に先生に相談すると、「読みたい本を読んでくれたらいいよ~」と言われて、すごくホッとしたそう。


うん、読み聞かせで一番大切なのは、「読みたい本をよむこと」だ!!

コトエホン

子どもと絵本で遊ぶ 子どもの絵本を考える 子どもと絵本を結ぶ そんな時間を皆さんと 過ごせたらいいな♪

0コメント

  • 1000 / 1000