訪れるもの

本日は小学校の家庭訪問でした。

年に一度の玄関大掃除w

先生をリビングに通すとなると大変なので、玄関先で座布団を出し、

「中はいっぱいなのでこちらでよろしいですか~?」と

有無を言わさず座っていただくワザも年々上手くなりました(笑)


さて、訪問といえば、こちら。

『おちゃのじかんにきたとら』  童話館出版 1994年発行

 ジュディス・カー 作  晴海耕平 訳

お母さんとソフィーがおちゃの時間にしようとしていると、トラがやってきました。

礼儀正しいトラは、すすめられたものを全部食べてしまいます。

それどころか、用意していた夕飯やストックの缶詰や、ビールやジュースや水道の水までペロリ。

家中の食べ物や飲み物が無くなってしまいましたが、帰ってきたお父さんのおかげで美味しい夕飯にありつけます。翌日、買い出しに行ったお母さんとソフィーは、タイガーフードも買ってきますが、さて、トラはそのあと現れたのでしょうかね・・・。

傍若無人なトラを迷惑がるのかと思いきや、ソフィーはなんだか楽しそう。

カーがユダヤ難民だったということで、トラは何かの象徴では!?と思ったのですが、

ソフィーの表情を見ている限りそんなものは感じさせず、ただただ愉快なお話です。


作者の他の作品を検索していたら、こんな本がありました。

『いつもふたりで』ブロンズ新社 ←クリックするとブロンズ新社のHPにとびます

この作品、最近読んで、大人向けの読み聞かせによいな~と思っていた本です。

愛する夫を失っても、夢に見ることでまた会える。

夢の中のほうが、もっと自由でもっと楽しい。

切ないけれど、美しい物語です。

ご主人のナイジェル・ニールは2006年に没。

あ、ご主人、SF作家のすごい人なんだ…。(よく知らないが💦)

いつかは訪れる別れについて、考えさせられます。

コトエホン

子どもと絵本で遊ぶ 子どもの絵本を考える 子どもと絵本を結ぶ そんな時間を皆さんと 過ごせたらいいな♪ 大人にも絵本の世界の奥深さを味わっていただきたいと、『大人の絵本カフェ』を隔月で開催。 その他読み聞かせの活動、本に関するイベントのご相談、などなど受け付けております。 SHOPではお気に入りの絵本を販売しています。 是非一度ご覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000