春はまだかい?

桜が咲いた!と思ったら、冬に逆戻り…。

本日はとても寒く、ダウンジャケット着てました。


先日の絵本セラピーでは『春』がテーマで絵本の読み合いっこをしました。

みんな何の本を持ってくるんだろう…。

直前まですごく悩んで、この3冊を持って行ってました。

『あ、はるだね』  講談社  2015年刊

  ジュリー・フォリアーノ さく エリン・E・ステッド 絵  金原瑞人 訳

『じゅんびはいいかい』  学研  2015年刊   荒井 良二 作

『さくら』  福音館書店 2010年刊  長谷川摂子 文  矢間芳子 絵


『さくら』は科学絵本ですが、桜の1年を追った物語のようでもあります。

絵が美しく、お花見に行ったら花も幹もよく観察してみようと思いました。

『じゅんびはいいかい』は、春の訪れを全身で喜んでいるような、躍動感のある絵と文章。子どもたちに読み聞かせするのが楽しみな絵本です。


そして今回皆さんの前で読んだのは、『あ、はるだね』。

荒井さんの『じゅんびはいいかい』が動なら、こちらは静。

静かに春の訪れを待っているのですが、一気に春は来ます。

その発見の驚きが、自分の体験と重なり、選びました。

エリン・E・ステッドの絵はとても繊細で美しいので、じっくりと見てほしい。

『エイモスさんがかぜをひくと』光村教育図書 フィリップ・Cステッド

の挿絵も彼ですが、優しく静かな物語にぴったりの絵です。素敵~♪

コトエホン

子どもと絵本で遊ぶ 子どもの絵本を考える 子どもと絵本を結ぶ そんな時間を皆さんと 過ごせたらいいな♪ ショップにて細々と販売もおこなっています。 ぜひ見に来てください♪

0コメント

  • 1000 / 1000