納得!

本日も絵本セラピー♪

1時間半があっという間。

ワークで「だって」を使って文章を作る、ということをしたのだけど、

セラピストさんのお話では「だって」の後にくる言い訳は、思い込みであることが多いと…!


なるほど!!

目からウロコでした!


自分には無理と決めつけてないか、ただの勘違いで決めつけてるだけではないのか、自問自答・・・はい、かなり多くの事柄が思い込みだと思います。物理的に無理なこと以外は。


1冊の絵本からたくさんの気づきを与えてくれる絵本セラピーって素晴らしい…♥


そして、読み合いっこで私が読んだ本。

『あたしのすきなもの、なぁんだ?』 評論社

バーナード・ウェーバー 文 スージー・リー 絵

松川真弓 訳

絵にひかれて、図書館で借りた絵本です。

この作家さん、名前に見覚えがあると思ったら、『勇気』の作者でした。『ワニのライル』シリーズも。

会話だけの文章。読み聞かせなので、父と娘の言葉を読み分けるのに少々手古摺りました(笑)

本では色分けされています。

いろいろな読み方ができる本です。「すきなもの」を口に出すことでポジティブになれると捉えたり、父と娘の関係性について考えたり、子どもの話を引き出す子育ての本としての面もあったり、なにせ絵が素敵なので、手元に1冊おいておきたくなりました。


1時間かけて帰宅後、はー、疲れた~とグズグズ。

晩御飯作りたくな~い!だって疲れたもんっ!

て思っちゃったけど…これも思い込み?(笑)

疲れたのはそう思うだけ、実際は疲れてない!そう思い込んで(笑)、夕飯の支度頑張りましたとも(*^^)v


コトエホン

子どもと絵本で遊ぶ 子どもの絵本を考える 子どもと絵本を結ぶ そんな時間を皆さんと 過ごせたらいいな♪ ショップにて細々と販売もおこなっています。 ぜひ見に来てください♪

0コメント

  • 1000 / 1000