セブン・レター・ワード

本日は1か月に1度の「ぱれっと」の日。

子どもの本を読む会です。

今日は初めての記録係を仰せつかり、それぞれ侃々諤々

意見を飛ばし合うのを必死で記録(笑)

話があちこち飛ぶので、全く関係のない話をのんびりと聞いてると

突然元に戻って あ、記録しなきゃ💦と焦ったりw

批評好きにはたまらない面白さ♪

みんながそれぞれ思った事を好きに言ってもいい場所が、

こんなに心地よいとは。

今日のお題は

『セブン・レター・ワード』  評論社

 キム・スレイター作  武宮博子 訳

吃音のある少年が、突然家出した母親を探すため、『スクラブル』というボードゲームを通して様々な経験と成長をしていくという物語。

この会に入ってからヤングアダルト文学を読み始めたんだけど、いじめや離婚や差別や障害を扱った内容が多いのに驚かされます。

ヤングアダルトは時代を反映する文学。

社会の現状を知ることで、生きやすい社会を作ろうとしているのかな。


さーて、次回までにみんなの感想をまとめたり、情報を集めたりして

会報を作らなきゃ♪

大変だけど楽しみな作業です(^▽^)/

コトエホン

子どもと絵本で遊ぶ 子どもの絵本を考える 子どもと絵本を結ぶ そんな時間を皆さんと 過ごせたらいいな♪

0コメント

  • 1000 / 1000